• 標準
  • 最大

044-819-5539

ひどくなった虫歯でも歯を抜かずに治療したい【根管治療】

できるだけ自分の歯を残したい――根管治療――

根管治療

重度の虫歯になると、昔は抜歯以外の選択肢がありませんでした。しかし、今では歯科医療も進歩し、高度な治療が可能な歯科医院でなら、重度の虫歯でも抜歯せずに治療できるケースが増えています。

虫歯になったからといってすぐに歯を抜いて、後で身体に不調が出たり、作った入れ歯が合わなかったりしても、ご自身の歯はもう戻りません。

重度まで進行した虫歯に対して有効な治療として、GOGO歯科クリニックでは虫歯に冒された歯の神経を除去する「根管(こんかん)治療」をおすすめしています。「できるだけ自分の歯を残したい」「しっかり咬んで、味わって食事を楽しみたい」という方は、大切な歯を抜いてしまう前に、中野島の歯医者「GOGO歯科クリニック」にご相談ください。

根管治療の重要性

複雑な根幹治療

抜歯をせずに歯を残すためには、歯の神経や血管が入っている「根管」と呼ばれる組織を徹底的に治療する必要があります。根管は非常に複雑な形をしているため治療は難しくなりますが、内部の汚れをしっかり取り除いて完全に消毒しないと、再び虫歯菌が繁殖して膿がたまるなど、かえって悪化させてしまうおそれがあります。

根管治療は、建築に例えるなら「建物の基礎工事」。そのため、疎かにすることはできません。GOGO歯科クリニックでは、患者様一人ひとりの状況に合わせて、細心の注意を払った安心・安全な根管治療を行います。

コア(歯の根)について

ファイバーコア(歯根)

虫歯による歯の損傷が大きい場合、根管治療で歯髄を取り除いた歯から土台となる歯の根がなくなってしまうために被せ物(クラウン)を装着できないケースがあります。そのような症例では、「コア」と呼ばれる土台を歯の根に立てた後に被せ物をします。一度コアを装着すると外すのは難しく、無理に再治療すると歯を割ってしまいかねませんので、治療は慎重に行わなければなりません。

取り扱いコアについて
図解_ファイバーコア

当院では歯科用プラスチック(レジン)の土台をグラスファイバー製のピンで補強した、「ファイバーコア」を使用しています。ファイバーコアは天然歯に近いしなやかさをもち、歯の根を傷つけにくい特徴があるため、歯の大部分が崩れてしまっているケースにも最適です。

根管治療した歯を長持ちさせるには?

口腔内のコンディションを良好に保ち、細菌の繁殖を防ぐことが、歯を長持ちさせるポイントになります。治療で大きく削った歯は、再治療となると成功率が大きく下がってしまいます。根管治療が成功したら、二度と虫歯や歯周病にならないために、適切なメインテナンスを続けましょう。また、もし虫歯になってしまっても早期に治療できるよう、予防歯科での定期検診などを上手に利用することをおすすめします。

虫歯・歯周病になりたくない 歯の健康を維持したい(予防歯科)
ページの先頭へ戻る

歯が痛い・冷たいモノがしみる 一般歯科

ひどくなった虫歯でも歯を抜かずに治療したい 根管治療

子供の歯の健康を守りたい 小児歯科

虫歯・歯周病になりたくない、歯の健康を維持したい 予防歯科

歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る 歯周病

自分の歯の様に咬みたい インプラント

入れ歯が壊れた・合わない 入れ歯

詰め物・かぶせ物を白くしたい 審美歯科

歯を白くしたい ホワイトニング

歯並びが気になる 矯正歯科

親知らずを抜きたい 口腔外科

今のあなたのお悩みは?
歯の予防を怠ると・・・

Facebook 公式フェイスブックはこちら!