• 標準
  • 最大

044-819-5539

歯が痛い・冷たいものがしみる【一般歯科】

「歯がしみる……」もしかして虫歯かも?

急に歯が痛くなったり、冷たいものがしみたりしたとき、多くの方は「虫歯になったかも……」と思うのではないでしょうか。実際、歯に痛みを感じる原因の大半は虫歯によるものです。しかし、「どうして虫歯になってしまうのか」「どのようにして虫歯が進行していくのか」ということを理解して再発を防げている方は少ないのではないでしょうか。

多摩区中野島駅の歯医者「GOGO歯科クリニック」では、虫歯をしっかり治療するとともに、再発を防ぐため、症状・進行段階についてもわかりやすくお話しさせていただきます。虫歯は早期治療が特に有効な病気です。気になる症状がありましたら、お早めにご相談ください。

虫歯の原因は?

歯の内側には「歯髄」と呼ばれる歯の神経があり、その外側は、歯の根を覆う「セメント質」、歯の見える部分全体を覆う「エナメル質」、それ以外の部分を覆う「象牙質」という三重構造となっています。虫歯は、細菌が出す酸によってこれらの組織が溶かされる病気です。

歯の表面に付着した汚れ(プラークやバイオフィルム)には、多くの虫歯菌が含まれており、虫歯菌は糖分を摂取して酸を放出する性質を持っています。この酸によってエナメル質が溶かされ、少しずつ歯の内部まで感染が進むのです。歯を覆うエナメル質は人体でもっとも硬い組織ですが、酸に弱いという特性があるため、しっかりケアしないと溶かされてしまいます。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の進行段階についてご説明します。初期のうちなら簡単な治療で治すことができますので、できるだけ早めに受診するようにしましょう。

進行段階 主な症状 治療法
ごく初期段階の虫歯で、エナメル質に含まれるカルシウムが流れ出し、歯の表面が柔らかくなってきている状態です。歯の表面に白い点が見えることがありますが、痛みなどの自覚症状はありません。 歯科医院でのクリーニングやフッ素塗布、毎日の適切なブラッシングを続けることで治癒します。
エナメル質が溶けて穴があき、歯に黒や茶色の点がついたような状態です。この段階では、痛みは感じないことが多いです。 虫歯の部分を削り、詰め物を入れて穴をふさぎます。
象牙質まで虫歯となった状態で、歯に穴があいているのを確認できます。冷たいものや甘いものを食べると、しみるようになります。 虫歯の部分を削り、詰め物・被せ物をします。
歯に大きな穴があき、虫歯が神経にまで達した状態です。何もしなくてもズキズキ傷んだり、歯がしみたりします。 神経を抜き、根管治療などの後、被せ物をします。
歯ぐきから上の歯がほとんど崩壊している状態です。神経が死んでいる場合、一時的に痛みは消えますが、放置すると内部に膿がたまって激痛を感じるようになります。 この段階では、ほとんどのケースで抜歯が必要になります。治療後、入れ歯やインプラントなどで、失った歯の機能を補います。

虫歯にならないために

虫歯の原因となる細菌は、口腔内に残った糖分を摂取して酸を排出します。虫歯を防ぐためには、食後に口腔内を清潔にして糖分が残らないようにすることが重要です。正しいブラッシング方法を身につけ、毎日のケアを適切に行うとともに、予防歯科でのクリーニングや検診を受けて、虫歯の予防と早期発見・早期治療を心がけましょう。

虫歯治療について詳しく知りたい方はこちら
虫歯・歯周病になりたくない 歯の健康を維持したい(予防歯科)
ページの先頭へ戻る

歯が痛い・冷たいモノがしみる 一般歯科

ひどくなった虫歯でも歯を抜かずに治療したい 根管治療

子供の歯の健康を守りたい 小児歯科

虫歯・歯周病になりたくない、歯の健康を維持したい 予防歯科

歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る 歯周病

自分の歯の様に咬みたい インプラント

入れ歯が壊れた・合わない 入れ歯

詰め物・かぶせ物を白くしたい 審美歯科

歯を白くしたい ホワイトニング

歯並びが気になる 矯正歯科

親知らずを抜きたい 口腔外科

今のあなたのお悩みは?
歯の予防を怠ると・・・

Facebook 公式フェイスブックはこちら!